講座の十大特徴

1 総合監修による効果的な内容

 50余年の実績を有する本会の講座は、元国土交通省室長(元試験採点官)の総合監修により、また、公益法人による公益事業として、豊富な情報収集力を活かすことにより、近年の試験傾向に的確に対応する内容の講座となっております。

2 公益法人だからできる低価格な講座

 公益事業として通常50%程度近く占めるとされる営業経費等の間接経費を極力カットすることによって実現された低価格で内容本位の講座です。
 なお、公益事業による講座のため、資料請求された方等に対しての、営業員による勧誘等は一切行っておりません。

3 3段階のステップアップシステム

 長年の経験と実績から独自に開発された、基礎力徹底養成講座⇒実践力養成講座⇒合格力講座の3段階ステップアップシステムにより着実に合格に必要な基礎力から高度な応用力までを養成します。

4 確実は診断システム

学科講座の節目に行われる
 基礎力診断テスト(1回)
 実力診断テスト(1級:4回、2級:3回)及び
 模擬試験(1回)
により、受講生はその段階での学力を確実に把握することができ、効果的に学習することができます。(受講生はいずれも無料です)

5 充実したテキスト

 講座のテキストは、当会のベテラン講師陣により執筆・編集されたもので、更に、練習問題として多数の基礎問題から近年出題された高度な問題まで含まれています。また、受験専門図書として刊行されており、必要に応じて適宜、改訂され、近年の試験傾向をも反映した、充実した内容となっています。
 なお、講座のテキスト・参考資料等の費用は全て講座料に含まれています。

6 徹底少人数制指導・きめ細やかなケア

 通学講座は、日本建築学会賞受賞者、大学教授、工学博士、設計事務所所長等、経験豊富なベテラン講師陣からなる徹底少人数制による懇切丁寧なライブ(生)講義です。大人数でのサテライト講義ではないので質問もしやすい環境です。
なお、通学講座では、実務者として活躍されている受講生の方が、仕事等の都合でやむなく欠席される場合のために、学科講座では、モデル教室で収録した毎回の講義録画DVDをご希望により貸与するレンタルシステムを導入しています。

7 通学講座と同一内容の通信講座

 通信講座は、時間の都合がつかない方や遠隔地、海外赴任等で教室への通学が困難な方のための講座で、長年、高い実績を上げています。通学講座と同一のテキスト・カリキュラムによるモデル教室での講義を収録した臨場感のあるDVDにより、お好きな時に何回でも見て学ぶことができます。
 通信講座での学科講座では、毎週実施される通学講座モデル教室での講義を収録したDVD(1科目3時間:毎週6時間分)を順次お送りします。
 質疑応答の回数制限は全くありません。全て無料です。メールまたはFAXにて受付けます。専任のベテラン講師より懇切丁寧に回答いたします。

8 合格サポートシステム(再受験制度)

 当会の講座にて、着実に努力された方は毎年極めて高い合格率をあげておりますが、受講されたそれぞれの通学講座について、出席率80%以上、かつ模擬テスト80%以上の得点基準を満たし、万一不合格となられた場合には翌年度に限り無料で再受講(但し、翌年度のテキストは有料となります)することができます。(通信講座の場合は、模擬テスト90%以上の得点基準となります)
なお、「総合コース(学科講座と設計製図講座のセット講座)」を受講され、当年度の学科試験が万一不合格になられた場合は、翌年度の設計製図講座に限り、無料で受講可能となります。

9 優待システム

 当会講座を受講される方は、建築士試験終了時まで当会準会員として登録され(入会金・会費共無料で、特に準会員としての義務はありません)、建築士試験終了時まで建築士講座関連記事も掲載した当会機関誌「住と建築」(日本建築学会、大学等各種公的機関にも配布されております)を毎月お送りします。
 なお、当会講座を受講された方で、上記期間以降、当会正会員(建築士資格を有する方)または準会員(建築士資格を有しない方)をご希望される方は、入会金無料で登録することができます(年会費:正会員9,000円、準会員10,200円)。

10 一般教育訓練給付制度指定講座

 本会講座では、現在、一級建築士講座のうち
 ①学科実力養成講座(通学・通信)
 ②設計製図受験講座(通学)
 ③長期設計製図講座(通学・通信)
また、二級建築士講座のうち
 ①学科実力養成講座(通学・通信)
 ②設計製図受験講座(通学)
 ③長期設計製図講座(通学)
の計9講座が厚生労働省の一般教育訓練給付制度指定講座の対象となっております。

ウェブの信頼の証
ページのトップへ戻る